MENU

鈴木誠也の後ろで「信じられない」大爆発! カブス23歳新星がサミー・ソーサ以来の快挙! 5戦連発&今季12戦9発に米騒然(THE DIGEST)

鈴木誠也の後ろで「信じられない」大爆発! カブス23歳新星がサミー・ソーサ以来の快挙! 5戦連発&今季12戦9発に米騒然5/24(水) 18:26配信2コメント2件驚異的な打撃成績を残しているモレル。鈴木との4番、5番コンビが大活躍を見せている。(C) Getty Images 鈴木誠也が所属するシカゴ・カブスは現地時間の5月24日、本拠地のリグリー・フィールドでニューヨーク・メッツと対戦し、7対2で勝利を収めた。4番・ライトで先発した鈴木は、2回の第1打席で4試合ぶりとなる先制の6号ソロを放ち、勝利に貢献している。
 
 ここ6戦4発の鈴木の量産ぶりも目覚ましいが、カブスにはそれ以上に大爆発を見せている選手がいる。鈴木の後ろで5番を打つ23歳のクリストファー・モレルだ。24日のメッツ戦では7回にダメ押しとなるソロホームランを放ち、これが球団レジェンドのサミー・ソーサが1998年に記録して以来となる5試合連続アーチ。この12試合で9本のホームランを放つ猛烈な打棒を発揮しているのだ。

【動画】「非現実的だ!」モレルの5試合連続ホームラン、今季12試合で9発!

 モレルは昨年5月にメジャー初昇格を果たすと、初打席で初本塁打。デビュー戦から22試合連続出塁の球団記録も達成している。守備面でも内外野をオールラウンドにこなす汎用性を売りにしている。今季は開幕時こそロースターを外れたが、5月8日に再昇格すると一気にそのポテンシャルが開花。23日時点で12試合に出場し、打率.367、本塁打9、打点15、長打率.980、OPSは1.383と凄まじい勢いで結果を残している。

 この活躍に、地元シカゴは騒然となっている。現地メディア『BREACHER NATION』のブレット・テイラー記者も5戦連発弾を報じた記事で、「信じられないことばかりだ。この打球には口を大きく開けて、素早く瞬きするだけだ。クリストファー・モレルがまたホームランを打った」と驚きを隠せない。一方、鈴木誠也の先制アーチを報じた記事では、「モレルの狂気的な猛打で『失われた』とは言わないが、あまり議論されていないように思う」と率直な感想も綴っている。

 また、『FOX Sports』もツイッターで「クリストファー・モレルは非現実的だ。5試合連続ホームラン。今季12試合で9本塁打」と驚きとともに快挙を伝えた。

 しかし、鈴木やモレルをはじめとする主軸に当たりが出ているものの、カブスは5月に入り7勝14敗と大きく負け越し。現在3位のナ・リーグ中地区で浮上するためにも、今後は投手陣の踏ん張りが不可欠か。

構成●THE DIGEST編集部【関連記事】「何か感じたとか言わないで」鈴木誠也の完璧6号に米記者感服も、まさかの“ずっこけ”に「今夜は我慢できそうにない」「地球外生命体ではなかった!」大谷翔平の“スナック菓子写真”に米ファンから怒涛の反響!「衝撃の一枚」「庶民的で親しみが沸いたよ」「ディマジオに並んだ!」大砲トラウトが叩き込んだ通算361号の豪快2ランに米熱狂!「ここぞで決める男よ」大谷翔平がデザインされた“やたら可愛いTシャツ”が登場!「謎なんだけど?」「欲しい!」「即買いした」と日米ファンが即反応「アラレちゃんポーズ出た!」大谷翔平、ボテボテ内野ゴロ→激走で間一髪セーフにネット驚愕!「スピード違反やろ」「走っても超一流」最終更新:5/24(水) 18:26THE DIGEST
Source: 鈴木 誠也 by yahoo News

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次