まつげ関連のニュース:最新ニュース

まつげ関連の最新ニュースを紹介しています。   過去のニュースはこちら>>

【2012年3月31日】 
美容師が行うまつげエクステンションについて:今後の課題
お伝えしているように、昨今のまつげエクステ事情は刻々と変化しています。

検討会での審議により、日本理容美容教育センターでは平成24年度の教科書からまつ毛エクステンションを記載したテキストを発行しますが、
・その内容はわずか2ページである事
・美容学校でまつげエクス技術指導者が確保できるかどうか
などの懸念もあり、テキスト導入だけで環境が整ったとはまだまだ言えないようです。

●検討会の経過
現在行われているまつ毛エクステンションは健康被害が多発しており、検討会では危険極まりないと考えられているようです。
現在行われているまつげエクステと同程度の施術を美容師が行ったとしても健康被害が発生する確率が高いとの認識です。
検討会では、医師の構成員から毛髪や皮膚に対する安全基準と、眼に対する安全基準は全く違うことが指摘されていて、眼元の施術については一段と高い医療レベルの衛生基準が必要との見方です。
不足の事態に備えた眼科医との連携の必要性も指摘されています。
検討会では、医師の構成員は眼の周辺への施術は危険が伴うだけに、まつ毛エクステンションを行うこと自体を反対していますが、消費者団体代表の女性構成員は自らの実地体験をもとにまつ毛エクステンションを高く評価しているようです。

●今後の課題
不況が続く中、美容業界でのまつげエクステ参入も活発化しています。
しかし、『美容師だからといって安心はできない』ようではなんの意味もないでしょう。 わたしたちユーザーにとっては『なにより安全で安心できるまつげエクステの継続』を望みたいところです。
現在のまつげエクステンションのニーズを考えれば、より良い流れへの移行が望まれます が、安全性の確保・施術基準のレベルアップ、バックアップ体制の構築など課題は山積みで、まだまだ時間がかかりそうな問題です。

まつげエクステ技術者の方やこれからまつげエクステに携わる美容師の方は、厳しい認識を持って今後に望んでいただきたいと思います。

【関連記事・理美容ニュース:美容師のまつ毛エクステンション】
http://ribiyo-news.sakura.ne.jp/?p=6946